好みをリサーチ

指輪

婚約指輪(エンゲージリング)は婚約の意思のかたちとして、男性が女性に贈るものです。
男性が選んで女性に贈る場合もあるようですし、プロポーズの後に二人で店に出向いて選ぶ場合もあるようです。
リングの中心にダイヤモンドが埋め込まれている場合が多く、依然として人気のようです。
では婚約指輪にダイヤモンドをあしらうのには、どんな意味があるのでしょうか。
ダイヤモンドは、地球上でもっとも固いジュエリーです。
その事から、「固く結ばれる」「永遠に続く愛」というニュアンスが込められているのです。
でも、ダイヤモンドでなくてはいけないという訳ではありません。
幸せを呼ぶといわれる誕生石をリングにしたり、女性の好きなジュエリーをリングにする人もいるようです。

エンゲージリングは女性の永遠の憧れですから、喜んでもらえるデザインにしたいものです。
彼女と一緒に選ぶのも良いでしょうが、男性が選んで彼女を感動させてみるのもいいものです。
そのためにはまず、リングに使うジュエリーを決めておきましょう。
ダイヤモンドが良いのか誕生石が良いのかという事は、事前にリサーチが必要です。
ひとりで選ぶのが不安な方は、女性コンシェルジュが居るジュエリーショップはいかがでしょうか。
コンシェルジュが女性目線での指輪選びをアドバイスしてくれます。
最近のトレンドや人気のデザインを念頭に、最適なエンゲージリング選びをサポートしてくれます。
このようなサービスを利用して、ぜひ喜んでもらえる婚約指輪を選びましょう。